汗かきだ体質だと夏は大変です。

ちょっと油断するとわきに汗ジミができて恥ずかしい思いをしたり、トイレで確認したりと、落ち着きません。

ボトックス注射も考えたんですが、毎年10万円も出すのは少しきついので、わき汗パッドを研究してみました。


わき汗対策用インナー

脇汗ジミ対策として、お手軽で経済的なのが、わき汗パッドとインナーが一体化したもの。

わき汗の多い部位に脇汗パッドが設置されているので、たいていの脇汗を吸収してくれます。


インナーと一体化しているので、脇汗パッドを忘れたなんてこともありません。

脇汗対策に脇アセが目立ちにくいブルーやブラック、ボーダー、ストライプといったお洋服を選ぶのもいいのですが、脇あせが服につかない脇汗パッドを使うとおしゃれの幅が広がります。


脇汗対策パッドの種類

脇汗パットとはいってもどのよう種類があってどれが自分に必要なのかわかりにくいですよね。

そこで、脇汗パッドの特徴をまとめました。


直接、脇汗パッドを肌に貼るタイプ

肌に貼るタイプの脇汗パッドは、とても薄いので、薄着でも目立たずにおしゃれな方にお勧めです。

デメリットは、剥がすときに痛い場合があります。

私は、お風呂で脇を濡らしてから、石鹸をつけて少しづつ剥がすとスムーズです。


商品でいうと「サラーリ ヌーディワキフィルム」

とっても薄く伸縮性が高い

特殊透明なフィルムタイプです。

薄くても、脇汗をしっかりストップ。


楽天でも大人気です。


服の下に貼るタイプ

オーソドックスな服の下に貼るタイプは、汗が大量に出ても外出先で取り換えられるので便利です。

外出先でも交換しやすいオーソドックスなタイプです。

薬局・ドラッグストアーでも購入できる製品も多くあります。


再利用可能な脇汗パッド

わき汗パッドよりも脇汗パッド付きインナーがお手軽です。

いろいろなデザインの脇汗インナーがありますので、気に入ったデザインの脇汗パッド付きインナー探してくださいね。


いくら脇汗パッドの性能が良くても脇汗パッドが吸収できる脇汗の量は決まっています。


また、脇汗はそのままにしておくとわきに細菌が繁殖して、臭いが発生することにもなるかもしれません。

臭いがある汗は、アポクリン汗と言われミネラル、たんぱく質、脂質、糖質も含まれています。


こうした「悪い汗」を少なくすることもわき汗対策としておすすめです。

脇汗の量を少なくするには、制汗剤との併用がお手軽です。

男性にも効果があると評判の制汗剤はお試ししてみる価値がありますよ。


【参考記事】話題の制汗剤口コミ情報