汗にはどんな成分が入っているのでしょうか?

汗は、約99%が水で、1%の中に、乳酸塩、尿素、アンモニア、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの成分が含まれます。

汗がショッパイのは、塩分(ナトリウム)が含まれているからです。

また、尿素やアンモニアが含まれているので、臭う汗もでます。

ですが、汗にも2種類あります。

良い汗と悪い汗

汗には良い汗と悪い汗があります。

その理由は汗の出る汗腺に秘密がありました。

エクリン汗

いわゆる汗で、水分が大部分を占めています。

尿素、乳酸、アンモニア、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質が微量に含まれます。

汗が出るときにミネラルなど水分以外の成分は、ほとんど血液にリサイクルされ、臭いやベタつきの無い汗で、「良い汗」といわれます。

アポクリン汗

ミネラルが血液に再吸収されず、ミネラルに加えて、タンパク質、脂質、糖質などが含まれます。

皮膚に付着した細菌の養分となり、臭いの源となりますので、「悪い汗」とも言われます。

アポクリン汗をかくようになったのは空調の効いた室内にいると汗腺機能が低下し少ない汗腺では十分にミネラルやたんぱく質などを血液に再吸収できず、汗となって出してしまうのです。

良い汗をかくために

活動する汗腺を増やすと、ミネラルなどの成分が血液に再吸収され、ミネラルの少ない「良い汗」をかくことができます。

活動する汗腺を増やす方法をご紹介します。

運動を定期的に実施

運動を定期的に実施し、良い汗をかくことが汗腺の活性化につながります。

ウォーキングなどのゆっくりした有酸素運動は、体内の脂肪燃焼を促進しますので、汗をかきにくい体質づくりにもなります。

半身浴

ぬるま湯で半身浴ををしたり、サウナでおもいっきり汗をかくことも汗腺の活性化に有益です。

臭う汗をかかないようにするには

臭う汗「悪い汗」は、水分以外にミネラルや皮脂などとでます。

皮脂は酸化しやすく、臭う汗となる傾向があります。

対策としては、食生活を整えることが重要です。

和食中心の食事

食事は、植物性の食品をとり、脂質の少ない和食を中心にとる。

海藻を摂る

汗の原料となるミネラルを十分に体に取り入れることが大切です。

1日で、5色のカラーを摂るとバランスが良いと言われています。

<5色バランス 健康法>
赤色:トマト、ニンジン

黄色:卵、レモン、みそ

緑色:キュウリ、ブロッコリー、キャベル

白色:お米、白身魚、豆腐

黒色:わかめ、昆布、黒ゴマ、海藻



規則的な食生活

ホルモンは十分な睡眠と体のサイクルが必要です。

ホルモンバランスが乱れないよう規則正しい生活を送りましょう。

わき汗を手軽に減らすには

【関連記事】リサラの効果|制汗剤を使った感想